アスクルのコピー用紙どれを選ぶ?用途に合わせて使う定番の3選

アスクルといえばコピー用紙。コピー用紙といえばアスクル。それぐらい定番になっていますよね。
でも、実際にどれを選べば良いか悩みませんか?
今回は用途に合わせた選び方をご紹介します。

種類が多すぎて悩むコピー用紙

品揃え豊富なアスクルですが、実際コピー用紙のカテゴリを覗くと

え、多くないですか?!

こ、こんなにあるの…

A4、B4などの判のサイズと販売単位が細かく分かれているため、一つのシリーズで15商品前後あるようです。
だからこんな数に…

でも一体どれを選べば良いのでしょう?

請求書や納品書には?社内で使う用紙の場合は?提案書やプレゼンの場合は…?

見積書や請求書、社内閲覧など、何かと書類を印刷することが多い日本ですが、紙の厚さや規格はどの種類が適切なのでしょう?

正直言いますと、紙の厚さは「好み」だとは思うのですが、
見積書や提案書などはやはりパリッとした用紙で提出したほうが、いただいた方も気持ち良いかもしれません。
逆に、社内の回覧や学校や教育機関などで大量に印刷するような紙に、あまり上質なものは必要無いかもしれません。

しかし、いざどれにしようかと材質や紙の厚さの比較を見てみても、いまいちピンとこない…
そんな方に用途別にオススメのアスクルコピー用紙をチョイスしてみました。

見積書、請求書などは、コシがあって清潔感のある「マルチペーパー スーパーホワイト+ 」


封筒に入れて発送することの多い見積書、請求書などですが、ある程度硬さのある用紙がおすすめです。
コシのある紙質の「マルチペーパー スーパーホワイト+」は、印刷後もパリッとしていて心地よい使い心地。
清潔感の溢れる高白色なので、大事な書類を出力するのにも向いており、一ケースあればオールマイティに活躍してくれる用紙です。

プレゼンや提案など、ここぞというときは、「マルチペーパー セレクトホワイトスムース(なめらか高白色タイプ)」


プレゼンの資料はクオリティが求められます。その後、お渡しする提案書も印刷が残念だと結果も明らか…。
そんなときはこちらの「マルチペーパー セレクトホワイトスムース」がおすすめです。
スーパーホワイトよりもやや厚口で、しっかりとした印象を与えます。インクジェットでの発色も良く、取り扱いサイズが豊富なのも助かります。

保管用の書類やページ数が嵩張るものには「マルチペーパー マイナス6% 」


名前に入っている「マイナス6%」が気になりますよね。これは、一般的なコピー用紙の坪量(64g/m2)を約6%減らしている、ということでつけられています。
坪量というのは「1平方メートルあたりの用紙の重さ」意味しており、それを6%減らすことで通常の省資源・ゴミの減量を目指した商品となります。軽く、薄いのでページ数の多いものや、保管所類などに最適です。

スペック一覧

上記3商品のスペックをまとめると、以下のようになりました。

商品名 白色度
(%)
坪量
(g/m2)
紙厚
(μg)
カラー
印刷
適性
インク
ジェット
適正
取り扱い
サイズ
スーパーホワイト+ 92 68 90 3 A2 / A3 / A4 / A5 / B4 / B5
マルチペーパー セレクトホワイトスムース(なめらか高白色タイプ) 93 70 95 4 A2 / A3 / A4 / A5 / B4 / B5
マルチペーパー マイナス6% 82 60 83 2 A3 / A4

いかがでしょうか?
どの用紙か迷われたときは、用途によって使い分けてみてくださいね!

関連記事一覧

更新管理者

当サイトを運営しています、タカハシです。アスクルの新しい商品や、使い方のご提案をいたします♩